【内力だけの手打ちを卒業】運動連鎖(キネティックチェーン)を意識した片手打ち練習で、力感がなくても飛ぶスイングを手に入れよう!【地面反力など外力を味方に!】


管理人は、いままでスイングの「形づくり」に囚われすぎていたと思うようになりました。
「GGスイング」「シャローイング」「シャットフェース」、たしかにすべて大事なものです。

でももっと根本に立ち戻り、「身体を効率よく使って飛ばす」ということを意識した練習をしていくことを決意しました!

トシ

最近女子プロの試合を見ていて、閃きました!

女子プロのスイングは、身体の固い君には無理だよ…

具体的には、「運動連鎖」と呼ばれる、さまざまな筋肉や関節などが連動して働くことを意識したスイングを取り入れてみたいという、いつもの浮気性が出たとご理解ください。

この記事で分かること

運動連鎖とは

別に目新しい言葉ではなく、以前からある言葉のようです。

知らなかったんだね

運動連鎖(キネティックチェーン)
たとえば、ボールを投げる時に
1.足で地面を踏みこむ
2.(地面を踏んで得た力を)足が受け取る
3.股関節→腰→体幹(腹や背中)→腕→手首→指と連動しながら、身体の先端に向け力を伝えていき
4.最後に増幅した力をボールに伝えることで、遠くまで飛ばす
といった一連の動きがあります。
この様な「さまざまな筋肉や関節などが、連動して働くこと」を、運動連鎖と言います。

1.なぜ運動連鎖が大事なのか?

当たり前のことですが、スイングに使う筋肉を一つ一つ別々に動かすことなんてできません。
運動連鎖は、無理にやるものではなくもともと人間がやっていることです。

では、なぜもともと皆やっているものを管理人は改めて大事だと言うのでしょうか?

トシ

それは、連鎖がスタートする場所が違うからです!

皆さんは、どこからスイングが始まりますか?

ここを考えることが、運動連鎖をマスターする秘訣になります。

2.ゴルフスイングの運動連鎖は、どこから始まるか?

開眼してしまった私から答えてもいけないので、お聞きしましょう!

野球が足からなら、ゴルフも同じじゃない?

す、鋭いですね。
正解です。

トシ

(みんな、ヘッドを動かすところからじゃないの?)

恥ずかしながら管理人は、「スイングの始動は、クラブヘッド」だと思っていました。
バックスイングもダウンスイングもです。

ボールに実際にぶつけるヘッドをなるべく速く動かすことだけを考え、ゴルフをしてきました。
これが管理人の上達を阻んでいたと言っても過言ではありません。

3.ヘッドから始動すると何が悪いのか?

ゴルフの場合もボールを投げる時と同じように、地面を踏みしめた下肢から上肢にパワーが伝わっていくのが正しい運動連鎖ということになります。

これを無視し、「ヘッドをヒョィっと上げ、ボールに向けヘッドをぶつけるスイング」は、正に「ザ・素人スイング」なのです。

【ザ・素人スイングの問題点】
・腕の力(内力)だけで、振っているので飛ばない
※ヘッドをいきなりボールに腕力で向かわせるので、重力や遠心力といった「外力」を使えない
・身体の一番末端である指の、更に先にあるヘッドから始動するので、大きな筋肉も使えない
・上半身だけで振るので、「手打ち」になる
・地面を踏みしめて得る「地面反力」を始めとした下半身からのパワーが、ボールに伝えられない
・グリップをギュッと握り、指の先にあるヘッドから動かそうとするので「指のマメが絶えない」

ブログを始めた頃の管理人の左親指

ブログを始めて約4か月、ついに「まめ」ゴルの本質に行き着いてしまいました。
スイングの始動位置がおかしかったので、まめを量産していたというのが真実だったのです。


正しい運動連鎖はどうする?

残酷な真実を知ってしまったところで、正しい運動連鎖はどうすべきか学びましょう!

1.正しい運動連鎖の始動箇所

トシ

ズバリ、「左足」です!

友人からは「左腰から始動」とアドバイスをもらいましたが、まめゴル的には「左足を踏む」と提唱します。

その後、腰にも力が波及していきますが、あくまで始動は「足」です。
実際にどのように力が加わっていくか、見ていきましょう!

2.運動連鎖の順番

バックスイングは、胸の前から腕(グリップ)が外れないイメージでしてください。

しっかりトップを、胸を回し作っておきましょう

大事なのは、切り返しからのダウンスイング

STEP
左足の踏み込み

切り返しはここから始めます

STEP
左足のひざを若干伸ばします

地面からの力(地面反力)が、左足を伝って上に昇り始めます

STEP
左お尻を後ろに下げます

力がお尻を越えると共に、腰の回転が始まります
股関節が、下肢と体幹を繋ぎます

STEP
左腰が切れます(回転します)

お尻に続き、腰が回転します
ここが友人の言う始動箇所です

STEP
胸が回ります

腰に遅れ、胸が回り始めます

STEP
腕が引っ張られ付いてきます

腕で振るのではなく、体幹(胸)の回転に腕が付いてくるイメージです

STEP
クラブが重力で落ち、左腕から引っ張られてきます

内力だけでなく、遠心力・重力が加わります
またひざを更に伸ばす力が、回転力に変わります

STEP
すべての力がシャフトを伝わり、ヘッドに加わった瞬間インパクトになります

地面反力(から変化した回転力)、遠心力、重力が、ヘッドに加わり、ヘッドスピードが最大になります

ステップを細かく分けましたが、この様に少しずつ力が隣り合ったパーツに伝わっていくイメージが大事です。
別々に一つずつの動きが終わっていくのではなく、緩やかに重なり繋がっていきます。

結果、クラブを振るのではなく、左足を踏み込んだ結果「振られる」感じとなります。

なんか前やってた「お尻プリプリ」に似てるね

トシ

その通り!
始動位置のイメージが若干違うだけで、同じスイングです

今考えると、お尻プリプリスイングをし始めたあたりから指の皮が剥けなくなった気がします。
それまでは、腕だけで振っていたってことですね。

【さらにワンポイント】
左足の踏み込みから始めたスイングのパワーをクラブに伝えるには、上半身の力を抜きましょう!
ガチガチな上半身では、せっかく昇ってきたパワーが途切れてしまいます。
またグリッププレッシャーを極力小さくすることで、上半身の力みを取ることができます。

運動連鎖をマスターするには?

YouTubeなどで「バックスイングをしないウェッジショット」など色々見ましたが、ピンと来ません。
それより以前フォロワーさんに教えてもらった「片手打ち」が良いと思いました。

まだちゃんと打てないのですが、「運動連鎖」とミックスしてみます。

①:左手打ち

下手…だね

最初は空振りしたり、当たりませんでした。
またボールに当てることが大事な訳ではありません。

・基本は腰から腰までのスイング
・腕だけでクラブを上げない(私は上げてます)
・胸をしっかり右斜め下まで、回す(グリップは胸の前を外れない)
・ダウンスイングの始動は、左足の踏み込み
・クラブは振るのではなく、身体に付いている左腕が引っ張ってくるイメージ
・腹に力を入れ、起き上がらず左ひざを伸ばしハーフスイングでフィニッシュ

この左手打ちだけ練習すれば、運動連鎖は学べます。
繰り返し練習しましょう!

おまけで右手も載せます。

②:右手打ち

腕で打ってるように見えるけど…

トシ

あえて…です!

素晴らしく悪い例が、見れましたね。
これで問題点が、見付けやすいです。

【改善点】
・管理人は上腕を押さえている→かやや上を押さえる
・前腕が自由に動いている→右ひじを身体に向け正しくアドレスし、前腕を独立させず動かさない
・右手首がフリップしている→手首の角度は極力変えない
・胸が回り切っていない→飛球線方向まで回すつもりでボールを押すこと

③:両手打ち

左手打ちも右手打ちも出来ていないということは、分かりますね!

トシ

・・・
練習のし甲斐がありますね

動画ではぜんぜん直っていませんが、自分では下半身リードのあとに腕が振られている気分なんです。
でももっと意識して、スイングスピードを抑えて練習せねばダメダメですね。

女子プロや、インスタグラムなどで練習を上げている上手な方は、身体としてのスイングが終わった後にクラブが通り過ぎていくようにゆったり振っています。

これぞ運動連鎖という、スムーズな連動!

管理人もこりずに力感のない下半身主導のスイングを目指し、練習します!


まとめ

今回は、「運動連鎖(キネティックチェーン)」について書いてみました。

上級者のスイングを見て、「奇麗だな」「なんであんなにゆったりと速く振れるんだろう」と思っていた管理人にとって、今回の記事は大きな気付きです。

ゴルフを始めた頃は、練習後は筋肉痛に、指は血だらけという惨状でした。
ところがこの2か月ほど、まめができたり皮が剥ける頻度が減りました。

最初はベースボールグリップの効果かと思っていましたが、スイングが少しずつ変わってきているんだと思います。

トシ

両腕の痛みや筋肉痛ではなく、お尻が筋肉痛になったりします

自己流なので上達の速度は遅いですが、まめゴル的には「お尻プリプリ」と双璧をなす大事なメソッドです。
下半身主導のスイングがマスターできれば、理想のスイングを目指すにあたり希望の光が見えてきます。

これからは上辺のスイング理論だけに振り回されることなく、「運動連鎖」を意識し片手打ち練習に励みます!

片手打ちはボールを打たなくても練習できます
管理人と一緒に、毎日振りましょう!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる