自宅の4畳半部屋でゴルフスイング練習をしてみた【ビジネスゾーン中心に】

 皆さん暑い中、練習場でスイング練習できてますか?

暑さにも寒さにも弱い管理人は、気温的に厳しい季節はすぐ練習をさぼってしまいます。
下手っぴが上達するには練習するしかないのに、強い意志がなく外に出られないのです。

そこで考えました。

トシ

室内で快適に練習すれば良いんじゃない?

ただ昔サッカーボールで障子を破壊した前科のある私が、妻から許されるでしょうか。
自宅での練習の代表格、パター、アプローチにくわえ、「ショットやスイング練習ができないか」検証してみます。

この記事で分かること

家で「できる」スイング練習は?

自宅の部屋の中で「できる」練習は、パターやアプローチ練習が一般的です。

あわせて読みたい
ゴルフ部屋に人工芝マットを設置してアプローチもパターも「こそ練」しよう! 管理人が実際に使用しているグッズのレビューシリーズ! 今回は、「パター・アプローチ兼用人工芝マット」です。 今まではパターマットの上で、アプローチ練習をしてい...

ただ「練習場でほとんどアプローチ練習をしない管理人」は、ショット練習を涼しい(暖かい)部屋で快適にしたいのです。

そこで選んだものは、コチラ。

私のは古い商品ですが、「パワーストライク」という商品です。
短尺なので部屋の中を気にせず振り回すことができ、よいスイングができるとインパクトポイントで音が鳴るというものです。

「これで楽しく室内練習を…」と思ったんですが、ダメでした。
やはりボールを打たないと単調なのです。

とはいえ素振りは超大事です!

では、室内でボールを打ってみよう!

①:管理人の部屋

4畳半ですが、仕事用の大き目な机が置いてあるので、かなり狭いです。実質3畳くらいでしょうか。
ただ勾配天井になっているので、画面上側は室内高があります。

右側が高くなって左側が低い勾配天井です

椅子のうしろのスペースに、なんとか人工芝を敷いています。

②:用意するもの

・58度など短いクラブ

やはり室内なので、出来る限り短いクラブを振りましょう。
大邸宅にお住まいの方は、ドライバーでかまいません。

・人工芝マット

床にクラブを生でぶつけますと、家もですが家庭も壊れる可能性があります。
これを避けるために、なるべくしっかり目のマットを用意しましょう。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

・室内用ボール

いろいろな重さや固さがありますが、軽めのスポンジボールがベストだと思います。
管理人が購入したものはちょっと軽過ぎました。

左の発砲スチロールではなく、右のスポンジボールがオススメ
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

色の付いている方がスポンジボールです。
白い方は買う時は気付かなかったんですが、発泡スチロールっぽいボールで扇風機でフワフワ動いてしまいました。

また何より危険だったのは白いボールを買ってしまったばっかりに、間違えて普通のゴルフボールを打って窓ガラスを割りそうになったことです。

これで大事故、寸前に

③:振り方

これも、とても大事です。
ゴルフの上達にも大事ですが、家を壊すだけでなく家族も…(以下同文)。

【ビジネスゾーンでのスイング練習】

  1. トップまでクラブを上げず、右利きの人でしたら右腰までシャフトを上げる(床と並行まで)
  2. 手だけでクラブを上げず、腕の三角形を崩さず身体で上げていくイメージ
  3. インパクトも「肩とグリップの三角形を保つ感じで」ゆっくり身体で向かいます
  4. フォローはシャフトを左腰に水平に上げる程度とし、身体の正面が飛球線方向に向くようにしましょう

ビジネスゾーンでのスイング練習は、ゴルフの練習の中でもっとも大事だと言っても過言ではありません。
練習ドリルもいろいろあるので、試してみましょう!

室内練習の注意点として、クラブをなるべく短く持つことをオススメします。
特に天井が危ないです。(実体験)

④:実際に振ってみよう

現在管理人は、シャローフェースでのスイングを心がけているのでそちらにも注目してみてください。
クラブのフェースにつけた指揮棒のようなものは、「フェースアングルチェッカー」という商品です。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

この練習にかぎらず、フェアがスイング中どちらを向いているかは重要です。
必須とは言えませんが、ひとつ持っていると良いと思います。

実際に動画で見ると、結構振ってて危険ですね。
実際にクラブをぶつけやすいのは、横より天井だと思います。
自分が振るイメージより、ウェッジは重いのでヘッドが先にいってしまう可能性があります。

私のように振るでのはなく、スローテンポのスイングで型を確認するイメージが大事です。
皆さんは、「腰から腰まで」をしっかり守ってスイングしてみて下さい。

フェースの向きについて知っておきたい


まとめ:工夫をしてスイングを日々の練習に取り入れよう

私が言っても説得力がありませんが、ゴルフが上手くなるのに必要なことは他のスポーツと同じく日々クラブに触れることだと思います。

パター、アプローチ練習がスコア向上に一番効果が高いと思いますが、可能であればショットの練習も毎日したいですよね。
ただ毎日練習場に行くとなると、費用も時間的にも難しいと思います。

そんな時は今回ご紹介したビジネスゾーンのみのスイング練習が役立ちますので、ぜひ取り組んでみましょう!

短尺のクラブでの練習でも十分効果はありますが、可能であればウェッジでも是非チャレンジしてみて欲しいです。

トシ

地道な練習だからこそ、飽きないように、快適に続けたいですね!

おまけ:本気で振るとどうなるか

管理人の部屋は狭いですが、多少天井が高いのでもう少し振ってみました。
ちょっとヒヤヒヤしますが、もし同じような環境でしたら試してみてください。
天井高が2.5m近くあれば、ウェッジを短く持てば問題なくやれると思います!

トシ

必ずスロースイングで確かめてから!
釣り天井だと、容易にぶち抜きます

狭い部屋で壁に当たらないようにスイングすると、正しいスイングは身に付きません。
その場合は、短尺の練習グッズでスイングしましょう!

ショートならヘッドスピードとグッドスイングが一緒に手に入ります!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる