ゴルフ部屋に人工芝マットを設置してアプローチもパターも「こそ練」しよう!

管理人が実際に使用しているグッズのレビューシリーズ!

今回は、「パター・アプローチ兼用人工芝マット」です。

今まではパターマットの上で、アプローチ練習をしていたのですがやれることが限られます。
そこで、より実戦に近い練習のため導入しました。
数日前に届いたんですが、仕事部屋の中が一気にゴルフ練習場になりました。

まめゴルが提唱する「こそ練」がますます捗ります。

あわせて読みたい
おうちでやってみよう!【こそ練】グリーンまわりのアプローチ名人になってスコアアップ 【なぜ【こそ錬】が必要なのか】 練習場にいくと、どうしてもドライバーをぶん回してしまう管理人です。やはり広く開けた場所にいくと、思いっきりクラブを振ってみたく...

「なかなか外に練習に行く気にならない」「練習に行くとドライバーばかり振ってしまう」といった管理人のようなあなたに、スコアアップの秘密兵器をお伝えします。

この記事で分かること

人工芝マットのメリットは?

今までやっていたパターマットは、オートリターン機能が付いていて練習がとても楽でした。

ただ本当に「ボールが通る幅に毛が生えたエリアが緑色になっているカーペット」のようで、本番感が出せませんでした。(完全に言い訳です)

今回購入した人工芝は、幅90㎝、長さ2mという中途半端な大きさの商品ですが、並べて使ってみたらその差は歴然!

管理人の感じたメリットは

  • 横幅があるので、スタンスを取っている足が芝の上にある
  • まっすぐ打つだけでなく、斜めから打てる
  • 若干マットの厚みがあるので、ヘッドを落とす様な打ち方もできる
  • 向きによって順目、逆目があり、転がり方が変わる(※)
  • 質感が緑色のじゅうたんから、若干芝っぽくなるのでテンションが上がる

※商品によって、目のあるなしは変わります

などです。
特に、芝の上って感じがするだけで練習を頑張れます。

どんな練習ができるの?

①:パター練習

商品によるところではありますが、探していた感じだとだいたい室内で使える人工芝マットはパター練習ができました。
ただホームセンターに売っているようなプラスチッキーな人工芝では、当然パター練習はできません。

ちょっとだけ高いですが、ゴルフ専用の人工芝マットを購入しましょう!

②:アプローチ練習

・今までもできていたアプローチも進化

転がすアプローチは、パターマットでもできていました。
ただパターマットには芝目がないため、バックスピンやサイドスピンの掛かり具合が分かり辛かったです。

パターマットの上でやっていたアプローチ練習に加え、ヘッドを落とす【潰しアプローチ】も実戦的にやれます。

アプローチが下手くそ過ぎて、芝の感じが伝わらないですね。
でも、ボールが落ちた後に若干スピードが落ちたり、落ちなかったりという違いが出るのでご自分で試して欲しいです。

・より立体的なアプローチ

よく写真のバックにしているラフマットから、直接アプローチネットに入れることは「理論的には」今までも可能でした。

ただ管理人の腕ですと、アプローチネットに入らずフローリングに落ちるボールが多発します。
ある日妻が床を見て、激昂する未来が見えてしまいます…。

今回人工芝マットを設置したことで、このラフマットとアプローチネットの間を埋めることができました。
これで私でも、安心して練習ができます。

非常に危ない場面を、1球目からお見せしてしまいました。
ただ慎重な私は、最初から浮かすアプローチは窓側ではなく壁側に打つしたたかさを備えています。

皆さんも【覆水盆に返らず】、全面的な練習禁止が言い渡される前に

トシ

「必ず壁に向けてアプローチして下さい!」

現在はこれも追加されました

③:素振り・フォームチェック

これは別に人工芝マットの上でなくてもできるんですが、テンションというかノリが違います。
私のような飽きっぽい人間が地道な努力を続けるのに、大きな助けになってくれると思います!


人工芝マットのデメリットは?

①:犬の毛がつく

ペットを飼われている方限定ですが、パターマット以上に毛が絡みます。
まだわが家にきて数日なのに、なかなかの毛の量です。

わが家はゴールデンレトリバーなのも影響しているかとは思いますが、デメリットではあります。

ダイソンで吸ったらだいぶマシになったよ!

②:耐久性

パターマットと異なり、芝の形状で起毛というか芝部分が立っています。
これが踏んだり、ショットすることで、徐々に寝てくると思います。あまりにも寝てきたら買い替えが必要です。
私は耐久力を期待し、屋外兼用のものを購入しました。

どれほど保つのか、いずれレポートしたいと思います。

私はショットを打つ部分だけ安い小さいものにしてみました

③:金額

私が購入した商品は、1万円弱でした。
高いのか安いのか判断は難しいですが、ちょっと空いた時間にアプローチが出来ることを考えれば安い買い物だと思います。

またパターマットと異なりカップがないので、別にカップ的なものやアプローチネットのような物があるとより楽しめます。
その分も費用としてかかりますので、ご注意ください。

私は付属品として付いてきた「トレーニングリング」の他に、カップを別で買いました。

¥1,209 (2021/10/02 05:13時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

まとめ

今まで管理人の【こそ練】を支えてくれたパターマット。

それをさらに実戦的に取り組めるようにする商品が、人工芝マットです。

練習のための練習ではなく、ラウンドで効果を出すために練習があります。
少しの差かもしれませんが、よりラウンドをイメージできる点は大きなメリットです。

またせこいですが、一球単価で練習場のお金を払う立場だと20ヤード以内のアプローチを練習場で練習する気になれません。
練習場ではしっかりショットの練習をし、家でグリーン周りのアプローチを練習すると分けるのもありではないでしょうか?

「習うより慣れよ!」
1日クラブを握らない日をなるべく減らせば、おのずとスコアもよくなってくると信じています。

いつかこの様な地道な努力が、スコアを爆発的に向上させる時が必ず来ます。(来ると信じています)

トシ

その日を夢見て、レッツ【こそ練】!

管理人が購入したサイズです

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

設置場所に余裕があれば、もう少し大きいものがオススメです!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる