運動不足の40代ゴルファーにもGGスイングはやれんのか?【本当に飛んで曲がらない理想のスイングなの?】

トシ

皆さんは今のスイングに満足してますか?

管理人は身体が固く、腰ヘルニア持ちの40代の運動不足のおっさんです。
でも、300ヤード飛ばすドライバー、ピンに絡むアイアンをいつでも夢見ています。

それは妄想では?

夢をかなえるには、自分にあった理想のスイングが必要なはず!

「私の理想のスイングはどこにあるの?」

そんな理想のスイングを探し、出来かけたスイングを壊しまた低迷するということを繰り返してきました。

そして今度こそコレでは?というスイングを見付けました。
少し前ではありますが、一世を風靡した【GGスイング】です。

ただ調べれば調べるほど、とても練習不足の管理人がやれるようなスイングには思えません。

GG理論やメソッド、シャローイング、シャットフェース???

時間はかかるかもしれませんが理想のスイングを目指すため、この難解なスイングをマスターすべく一緒に取り組んでみませんか?

できなかったシャローイングにもやっと取り組み始めました

この記事で分かること

そもそもGGスイングって?

GGスイング

マシュー・ウルフを代表とするPGA選手が師事したコーチである、ジョージ・ガンカスが提唱したスウィング理論のことです。
私の師匠(山梨の師匠なのでY師匠とします)が、「あれをマスターするのは、無理だ」といったことで興味を持ちました。

へそ曲がりだね

簡単に言うと、「物理学」的に距離を飛ばす理論のごった煮です。
先に結論ですが、私にすべてマスターすることは無理だと思います。

日本の名だたるプロが難しいものを、ポンコツ管理人がマスターできるわけがありません。

ただ、GGスイングを構成するパーツは、非常にすばらしいメソッド群だと思います。

また、このスイングに向く人も思っているより多いと管理人は考えます。
これこそ、「私の救世主スイングになる可能性」を秘めている理由なのです。

GGスイングに向く人

独断と偏見でどんどんいきます。

GGスイングに向くと、管理人が思う人

  1. 身体が固い人
  2. 下半身を使ってしまう人
  3. 脇が開くと言われる人
  4. 左の壁が作れない人
  5. フェースターンが下手な人

エクセレント!
管理人は、すべてに当てはまります。

私は「ゴルフは再現性が重要。だから、自由に下半身を動かしてはいけない」と、ゴルフを教わりました。
でも、股関節が固く、肩や腰の柔軟性がないので、とても苦労しました。

上に書いてある「1~5」は、いずれも私が注意されてきたことです。

結局、私はこの「王道スイング」のための教えでゴルフを難しくしてしまいました。
管理人の以下の悪癖は、できないスイングを無理やりやろうとしたことが原因とも言えます。

・身体が回らずトップが小さい  右ひじを大きく曲げトップを作る
・捻転させようとすると、下半身が固定できない  左足のヒールアップや左ひざを右に寄せ、スウェーする
・捻転がじゅうぶんできないので、スイングスピードが上がらない  手振りをしてしまう

そうではなく、自分に合ったスイングを見付ける。
管理人が変えた【ベースボールグリップ】も、端的に言えば「自然にクラブを握ってゴルフをしよう」ということ!

トシ

スイングも、私の体にあった自由なスイングにしていきたいと思います

GGスイングの各メソッド

それでは、管理人の理解がおよぶ範囲ですが、GGスイングの各メソッドです。

誰も心配ないと思いますが、私のこのスイングはメソッドを分割し説明をするためのものなので【絶対に真似をしてはいけません】
また「脳裏にあのスイングが残っていたから、GGスイングを習得できなかった」などのクレームもお受けできません。

醜く下手なものを皆様にお見せするのは、こんなに辛いものなのですね。
でも、いつかお手本の様なスイングを載せるため、今は耐えがたきを耐えます。

①フックグリップ&掌屈 

基本的にGGスイングというか、シャローイングはフェースが開きやすい動きだと思います。
胸を開いてインパクトするので、当たり前といえば当たり前です。
それを防ぐのが、フックグリップ&掌屈です。

また次にあげる「シャットフェース」もフェースを開かないために役立ちます

フックグリップは、主に左手のグリップを俗に言う「ストロンググリップ」にすることです。
また、左手の掌屈は手のひら側に手首を曲げることです。右手は背屈となります。
動画は尺屈になってますが誤りです。

左手首の掌屈(バウドリスト)

まずこれは、マストなメソッドと言えます。

②ボディターンとシャットフェース 

GGスイングの大事な目的の一つに、「フェースの開閉を抑える」というものがあります。

現代のドライバーは必ずしもフェースの開け閉めをしなくとも、ボールがしっかり捕まるように出来ているので可能になった新しい考え方です。
逆に言えばフェースが開閉しづらいので、開いてバックスイングすると戻ってこないことが多いです。
私がしっくりきた説明は、「フェース面がずっとボールを見ているようにする」というものでした。

私はあるゴルフ雑誌を読んでシャットフェースのみをやろうとした結果、【フライングエルボー】を発症しました。

右ひじが離れ過ぎないよう、気を付けましょう!

あと、GGスイングは、ボディターンでのスイングが必須です。
手打ちがいけないのは当たり前ではありますが、私のように手打ちがやめられない方は多いと思います。

またトップを作る際に、右足側に横移動してはいけません。
よくその場で回ると言いますが、「右腰というかお尻を後ろに下げてその場で回ります」

トシ

外国では、「ボディーターン」と言うより「ヒップターン」と言うそうです


片山晋呉プロの説明では、「トップを作る時に左側を押すイメージ」でした。

③切り返しでがに股になり、シャローイングをする 

切り返すときに、最低限左ひざ。できれば、両ひざを外旋させ「がに股」にします。
私の理解では、地面を足で強く踏み込むためにこの動きをする必要があります。

やたらこのがに股が強調されている感じがしますが、左腰を右腰より低く沈み込ませる動きとして覚えてください。

またこの時に「シャローイング」をします。
シャローイングとは、クラブシャフトが背中側で倒れることです。
私はコレがしっくりきません。

動画を見て、皆さんしっくりくるか試してみてください。
私は前傾キープが下手くそな上にグリッププレッシャーが高いので、シャローイングは諦めます。

④ハンドファーストでインパクト 

GGスイングのメリットとしてあげられるのが、このハンドファーストのインパクトです。

従来のスイングの考え方より、胸が開いた(斜め前を向いた)インパクトとなる点と、掌屈をゆるやかに開放させていく点がポイントです。
ボールをしっかり、体幹で押すイメージを持ちたいです。

⑤左足を踏み込み、伸びる 

地面を蹴って、その力をインパクトで加え伸びる感じでフィニッシュします。
今はやりの「地面反力」を使います。

地面を踏み、膝を伸ばしながらも頭の位置を変えないことが重要です。
結果背中が少し丸まった感じになります。

⑥と⑦は気にしないで…

ちょっと空間把握能力が低くて柵にぶつかってしまいました。

まとめると

駆け足で各メソッドを見ていきましたが、この中で管理人が取り入れようと思っているのは「」マークのものです。

私は「シャローイング」と、がに股がうまくできません。(マークですね)
なので、これは諦めることにしました。
まだ改造中なので、いい加減なことは言えませんがすべての動きが出来なくてもGGスイング的なものはできそうです。


まとめ:自分のDDスイングを作ろう!

まとめの題をいろいろ考えたんですが、文字にするとかなり危険なものに見えますね…。

管理人の言いたいことは、「すべてのメソッドが出来ないとDDスイングはやるべきではないのか?」「できるところだけで良いんじゃない?」ということです。

  • 右に腰を動かさずトップを作る
  • シャットフェース(掌屈する)
  • ボディターン
  • ハンドファーストのインパクト
  • 地面反力を使う

私がやれそうなのは、これくらいだと思います。

私のやれる範囲のメソッドで、私なりのGGスイングを目指したいと思います。
今後、いくつかの追跡記事をつくっていきます。
途中で挫折してしまうかもしれませんが、応援してもらえると嬉しいです!

初回練習で気付いた点やGGスイングのメリットをまとめてみました

あわせて読みたい
GGスイングのメリット・デメリット【実際にスイング改造を管理人がやってみた!コツをつかもう】 スイング改造って根気がいりますよね? 大したスコアは出したことはありませんが、スイング改造については一家言ある管理人です。 雑誌で新しいスイングを見ては、自己...

暑くてラウンドが厳しい今こそ、スイング改造を成功させるぞ。
苦しみの先には、喜びがある!(はず)

¥1,540 (2021/11/25 10:29時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる