鉛入りバランスダウンテープで実際にバランス調整をやってみた!【交換1ケ月のパルマックスとサヨウナラ】

トシ

バランス調整のやり方って、よく分かりませんよね?

振り心地を揃えるには、簡易的に「シャフトの性格」「重量フロー」「スイングバランス」をなるべく揃えましょう!というお話でした。

バランス調整が大事な「まめゴル的、振り心地の揃え方」については、以前記事にしました。

この時管理人の5Wの重さを変えましたが、わたくし仕上がりに全く納得いっておりませんでした

重量を変える時は、ヘッドとグリップ側に上手く配分しないと、バランスが変わってしまいます。
案外奥深いバランス調整のうち、意図的ではありませんが「バランスダウン」のやり方をお伝えします。

この記事で分かること

管理人のクリーク(5W)はなにが問題なのか?

まず、管理人のセッティングの「重量フロー」を見てみます。(おさらい)

おおよそ1W、4U、アイアンが、「1.超おもい~2.かなり重い」のゾーンに入っているのに対し、5Wが「やや軽い」ゾーンに入っています。
※3Wも問題ですが、セッティングから抜くので今回はノータッチ

グラフからいくと、「362g」くらいにすると良さそうです


(362gに仮設定してみたグラフ)

現在の総重量は、336gですので、「26g」違いがあります。

さすがに30g近く違うと、私でも差が分かると思います。
振り心地も違いますし、軽すぎる総重量は手元の浮きによるトップなどが心配です。

また、重量フローでは1インチクラブが短くなったら、13gほど重量を重くするそうなので
3.7インチ×13g=48g
ドライバー総重量313+48=361g
やはり、362gは適正な総重量だということが分かります。

この総重量を目指して、調整していきます。

実際の調整方法

①:ヘッドにつけるウェイトの変更

エミリットバハマ CarlvinsonCV-8 フェアウェイウッドは、大3、小3の計6個のウェイトが付いています。
これを重いものに変えることで、ヘッド重量を増やしてみます。

②:シャフト専用鉛をつけてみる

あとで触れますが、ヘッド側だけに重さを増やしていくと「スイングバランス」が重くなっていきます。
現状、ほぼ「D0」なので少しは重くできますが、全てヘッド側で増やすのは無理です。

そこでバランスを保つため、グリップ側のシャフトに専用鉛を貼り総重量を増やします。

以前は5gの鉛を貼りましたが、今回は10g貼ります。


なお、鉛同士が重ならないように余分な部分はカットして、貼って下さい。

③:どうなったか

実際に増やせた重量はこうなりました。

総重量バランス
修正前336gC9.9
ヘッド増加分+12g
シャフト増加分+10g
修正後358gD6.0
驚異のD6

目指した350g台後半は達成できたものの、バランスが「D6」となってしまい、おおむね「D3」で揃えている他のクラブのバランスと合いません。
その後、なんとかウェイトを減らし「D3.25」まで調整しましたが、総重量が「352.5g」となってしまいました。これでは当初の目的を果たせません。

あちらを立てればこちらが立たずだね

トシ

やりたくはなかったですが、禁断の技を出さなければならなくなりました…


バランスダウンテープ

今回のように総重量をヘッドで増やした場合、ヘッド側が効いてしまいますのでスイングバランスは重くなります。
スイングバランスを下げるためには、グリップ側を重くするのですが私のようにグリップ近くに鉛を貼るだけでは劇的にはバランスは軽くなりません。

バランスを軽くするためには

  • 重いグリップに交換する
  • カウンターバランスなどグリップエンドに重りをつける
  • バランスダウンテープを使う

などの方法があり、グリップの先端側を重くすれば効果が大きくなります。

私も劇的にバランスが軽くならないことは想定していたので、ブツは準備していました。
ただ、今付いているグリップは交換したばかり…。

現在入手困難になっているパルマックスというグリップに交換してから、1か月も経っていないんです。

これが私を押しとどめていましたが、やむを得ません。やるしかない。

①:グリップを切り裂く

こんなにキレイなグリップを裂くのは初めてです。悲しい
バランスダウンテープというものの存在を知るのが、1週間遅かった私のミスです。

②:印をつけ、シャフトをキレイにする

おおむねグリップがはまる先端に印をつけ、両面テープをはがしシャフトに残ったノリをキレイにしておきます。

③:バランスダウンテープを貼る

【バランスダウンテープ スペック】

  • 巾:25.4㎜
  • 長さ:500㎜
  • 厚さ:0.12㎜
  • 重量:約12g(1g@42.7㎜)

普段は螺旋巻きをするんですが、長さが心配だったので縦巻きしてみました。
ちなみに普通の両面テープとの重さの差は、ピッタリ10gでした。(総重量:普通の294g、バランスダウンテープ304g)

④:溶液をグリップとテープに吹き、グリップを入れる

グリップの中に十分溶液を吹き、余った分をテープにたらします。
私はさらにテープに溶液を吹きかけてから、グリップを差し込みます。

多大な犠牲を払いましたが、バランスダウンテープを貼ることができました。
グリップの下に鉛が貼られませんので、見た目が良くなったと自分を慰めましょう…。

少し細かいやり方はコチラ

⑤:計測

同じヘッド状況で計測したところ、バランス「D1.75」総重量「354.5g」と出たので、さらにヘッド側を重くしました。
3gウェイトを増やし、バランス「D3.25」総重量「357.5g」。これでだいたい希望通りになりました。

実際に、重量フローを確認してみます。余計なクラブを省き、すっきりさせました。

ずいぶん直線に近いフローになってきました。

多大な犠牲を払いましたが、これで振り心地が揃ってくれれば嬉しいです。
ちょっと総重量が重過ぎる気がするんですが、スイング改造中なので分からなそう。


(ウェイトメモ:前5・5・2、ヒール3・3、トゥ2)

まとめ:大きな重量調整は他の方法で

今回はなんとか重量調整とバランス調整をやりきりましたが、かなり大変でした。

トシ

理由は、現状と希望の総重量への差が大きかったこと!

この方法では、10gちょっとまでの調整にとどめるべきだと思いました。
それ以上の調整となると、シャフト重量の変更やグリップの変更が現実的だと思います。

今までこうやって重量フローやスイングバランスを整えたことがなかったので、ラウンドで結果が出てくれることを願っています。
出なくてもやれることはやったので、今後は腕のせいにします。

皆さん、今回は(も?)かなりマニアックな記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

もう少しコイツを知るのが早ければ

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる