まめナビ
アーカイブ

【レール系パット練習器具最安】パットチェッカーを試してみた!【スコアメイクの肝ショートパットの練習に最適】


管理人は、パッティングをパターを吊る「ハンギングパッティング」にしてから、かなりパット数を減らすことができました。

10くらい減ったよな

ただそれでも、スコアメイクの鍵とも言える1m以内のショートパットを多く外してしまいます。

ここを改善すべく、新たな練習器具を購入しました。

なんと、1000円ほどで!

ショートパットの練習に最適な、パットチェッカーについてレビューをお届けします。

学べること
  • ショートパットで真っすぐボールを出せる
  • お手軽な値段でパット練習ができる
  • 定規に使える
この記事で分かること

パットチェッカーって?

まずは画像を見て頂けると、分かりやすいかと思います。

ほぼ定規だね

中央に細い溝があり、真っすぐ打てればその上を転がるという仕組みです。

本体には「OPEN」「CLOSE」と書いてあります。

右利きの場合、溝の奥側に外れればフェースが開いている、手前側に外れればフェースが閉じているということが分かります。

トシ

ものは非常にシンプルです。


管理人が使ってみた

1.使い方

商品の説明書(パッケージ)です。

書いてあること
  • 「まっすぐ引いてまっすぐ出す」のが、パターの基本
  • カップインしたからといって、正しく打てたかは分からない
  • アドレス、ストロークの説明
  • 平坦で水平な場所に設置すること
  • 1.5~2mの入れごろ外しごろのパッティングをイメージ
  • ボールを青いマークに置く

この中で重要なのは、最後の「ボールを青いマークに置く」です。

先ほどの画像を再度載せます。

実物には金色のシールで「ボールを置く位置」と貼ってあるので、間違えないと思います。

何も貼ってない場合は、本来置く位置の後ろ側にある「WAITING BALL」の窪みにボールを置かないようにしましょう!

2.使ってみた様子

わざとイライラさせる動画を撮ったのかな?

ご覧の通り、なかなかの難易度です。

まずボールを置く窪みが小さく、少しの振動などで落ちます。

またしっかり真っすぐ転がらないと、レールから落ちます。

パターマットではなんとなく真っすぐ転がれば入ってしまうので、それでは物足りないと思っている方には打ってつけだと思います。

パターを真っすぐ出すには?

まだこの答えにはたどり着いていませんが、管理人が「パットチェッカー」使用時に気を付けていることを書いてみます。

気をつけていること
  • 真っすぐ引くこと
  • ストロークのテンポを一定にすること(ダウンスイング側で速くしない)
  • 手首の角度を変えないようにする
  • ボールはやや左側に置くこと
  • テークバックを小さめにすること
  • ボールを押し出しながら、若干ライジングさせるイメージ

少しのずれでスコアが大きく異なるのが、パッティングです。

地道に自分のずれを確認するのに、とても役立つと感じました。


まとめ

今回は、パット チェッカーについてお届けしました。

非常に簡単で頼りない器具ですが、シンプルゆえに冷酷な教えを与えてくれます。

トシ

今まで適当にやってきたパターマットと較べ、非常にシビアです!

パットチェッカーは非常に優秀ですが、私がもう一度選ぶならもう少し長いものを選びます。

パットチェッカーは50㎝しかないので、結論が出る前に本体を飛び出している気がします。

こちらの製品なら90㎝あるので、さらに良い練習になると思いますのでご紹介しておきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
トップへ
この記事で分かること
閉じる