【管理人のラウンド録】千葉新日本ゴルフ倶楽部【出直し1回目】

ゴルフブログの開設と、スイング改造に着手した管理人。
改めてシングルに向け、再始動します!

トシ

今まで自分に甘くゴルフをしてたのを、少しでも直せればやる意義がある

ゴルフの勉強、練習、トレーニング、ラウンド
自分に甘かったところは、数え切れません。

これから強い気持ちで出直しますので、温かく見守ってもらえると嬉しいです。

この記事で分かること

今回のラウンドテーマ

とにかく、一つのテーマを心に決め、ラウンドにのぞみました。

それは

スイング改造を継続すること!

いままでスイング改造中にラウンドがあると、最初は改造中のスイングでのぞみますが終わるころには元のスイングに戻してしまっていました。

理由は、スコアが悪くなるのに耐えられないから…。

弱い自分に打ち克つことが、今回のテーマです。

ゴルフ場紹介

千葉新日本ゴルフ倶楽部

はじめてのゴルフ場でした。
もともと茨城でラウンドを予約していたのですが、天気予報の悪化を受けエリアを変更しました。

内容メモ
レギュラー総距離6,297yd(内房アウト・イン)外房は6,567yd
コースレート71.2内房アウト・イン・レギュラー・ベント:68.6
出典:楽天GORA

広さ

普通・ 外房は広いよう
・ 落としどころにクロスバンカーが効いているわけではない
・ OBは多い(ペナルティは少なめ、前進特設ティあり)

難易度

やや優しい
(当日はカップ位置を考えると普通)
・ バンカーは少な目でそれほど効いていない
・ この日はバンカーに入れてしまうと、1ペナとほぼ同じ(雨のため)
・ カップ位置が水はけのため、かなり厳しい斜面に切ってあった

練習場
ドライバー可打ちっぱなし
アプローチ・バンカー
パター
今回は土砂降りだったので、練習はパターのみ

管理状態
(良い5>1悪い)

ティーグラウンド:2
フェアウェイ:2.5
ラフ:3
バンカー:雨のため判断不能
グリーン:2
・ 連日の雨から、バンカーは池状態
・ ティーグラウンドは特にショートで芝のはげが目立った
・ フェアウェイ、ラフは普通、フェアウェイの刈り込みが甘くディボット多数
・ グリーンはボールマーク多数、スパイク跡多数
・ 大雨の予報だったので、カップはグリーン奥の傾斜に全てあった
・ グリーンはかなり遅め(雨のため、実質7.5ft程度かも)
・ 雨のため、グリーンはかなり柔らかかった
食事とんかつを食べた
昼食付予約に+200円
・ ちょっと調味料がきつかったが、味は普通
コストパフォーマンスやや高い・ 土曜日お酒なしで、総額約14,000円

都内からの便もよい、ゴルフ場銀座の市原にあります。
ほぼ全てセルフでのラウンドだと思うので、グリーンやティーグランドは管理が良いとは言えない状態でした。
総合的にコストパフォーマンスがやや高く、やや優しいコースだと思います。


ラウンド概要

【思ったこと】
・ 改造中のシャロースイングを初めてラウンドで試した
・ 結果はウッド系:全滅、アイアンはまずまず
・ 練習場の出球から右に行くと思った最初のティーショットが左に行き、パニックになってしまった
・ OB4発、池1発(ティーショット4発、前後半のスタートホールもOB杭が無かっただけで隣のホールへ)
・ 雨のラフ内の球なのに、シャロースイングにこだわり過ぎた(縦振りすべきだった)
・ 打てると思っても雨の日のラフは、長いクラブを振らない(7番まで)
・ アプローチはグリーンが柔らかくランが最初出なかったので、ロブに切り替え成功

ドライバーとウッドは、練習場でも打てなかったので不安でしたがやはりダメでした。

ラウンドでの気付き

①:前半

10番

・ 5Wのティーショットで、いきなり大フックをしてパニック(その後これが響く)
・ 隣のホールからの戻しのアイアンは上手く振れた

11番

・ 5番アイアンのティーショットは上手く打てたが、アゲインストでバンカーへ
・ バンカーが固まっていてクリーンに打ちに行って2発失敗(×)→ダボ

12番

・ 今度はドライバーのティーショットでフックし、OB
・ 打ち直しはフックグリップを戻し、フェアウェイ
・ 30ydのアプローチを58度で大オーバー(×)
・ 6mから3パット→8打

13番

・ 1Wのティーショットは左ラフへ
・ ラフから無理して4Uでショットし、チョロ(×)

14番

・ ラフから無理して4Uでショットし、右セカンドOB(×)
・ 100ydの深いラフからのショットで、56度で飛ばせず(×)→トリ

15番

・ 左ラフから7Iでシャロースイングで出せず
・ 左ラフからの58度のアプローチはマウンドに当てられずオーバー(×)→ダボ

17番

・ ラフから無理して4Iを振り、チョロ(×)

②:後半

1番

・ 1Wティーショットは大フックし、また隣のホールへ
・ 5Iのインテンショナルフックと、197ydを4Uで乗せなんとかパーセーブ(2打目をフェアウェイに出したのが○)

2番

・ カラーに2打で乗せたのに、1m弱のパーパットを外す(×)

3番

・ 155ydアゲインストを6Iでヘッドアップし、池へ(1ペナ)
・ 打ち直しは乗せたが、ダボ

5番

・ 打ち下ろしを気持ちよく1Wで振ったら、スライスと突き抜けでOB ←打ち下ろしはOBが出やすいので注意
・ 特設ティからの4打目も乗せられず、1パットもダボ

6番

・ 1Wティーショットはフェアウェイキープ
・ 197ydアゲインストを4Uでオン
・ 約10mのイーグルパットをショートし3パット(×)

7番

・ 右ドックレッグで4Iでティーショット(インテンショナルスライスを狙うが曲がらず)
・ ラフから無理して4Uでショットし、チョロ(×)
・ 続く7Iもフライヤーで奥へ(×)→ダボ

8番

・ 150ydアゲインストを6Iでシャンクし、右OB
・ 打ち直しは乗せたが、ダボ

9番

・ 最終ホールなので改造前の打ち方で1Wティーショットし、フェアウェイキープ(打ち下ろし437yd→118yd)
・ ティーショットがフェアウェイのディボットに入っていた
・ 同伴者のアドバイスで、シャロースイングではなく打ち込む感じで打って上手くいった ←ディボットは払い打ちしないこと

③:振り返っての反省

【反省点】
・ ラフから長いクラブを持ったことで、7打スコアを落としている → ラフでは、7Iまでのクラブ選択を徹底
・ 左への巻き込みが多かったのはフォロー側のスイングを止めたからかも! → フォローはしっかり振る
・ 結局最後のティショットはスイングを戻してしまった → もっと自信をもってアドレスできるよう新スイングを練習

結果は残念ですが、ロングアイアンやユーティリティで良いショットが見られたのが収穫です。
新スイングが身につくまで、良いところを見つけていきたいと思います。


ラウンド分析

昨年からやっていたラウンドごとの分析が中断していたので、こちらも再開します。

・ 今回は「寄せワン」が5回あり(うちパー1)
・ パット数33は、厳しいカップ位置を考えるとまずまず(アプローチが、グリーンの柔らかさで助けられた)
・ ショートゲーム(管理人は75ydと設定)数47は、自己ベスト ← 「こそ錬」の効果か?
・ ペナルティ(OB2、ペナ1カウント)9は、ワースト ← スイング改造中につきガマン

さいごに

酷暑のラウンドを避けていたので、ひと月ぶりのラウンドはすごく楽しかったです!

天候は強風と雨でなかなか厳しいコンディションでしたが、涼しかったので体力的には楽でした。

今回一番嬉しかったのは、同伴者から「アプローチが上手そうに見えるようになった」と言われたことです。
(上手いと言ってはくれてない

少し自信をもってアプローチが打てるようになってきたのは、こそ練の成果だと思います。

トシ

もっとショートゲームを磨いて、ティーショットが安定した時にビックスコアを狙いたい!

長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。

こそ練については、コチラ

あわせて読みたい
おうちでやってみよう!【こそ練】グリーンまわりのアプローチ名人になってスコアアップ 【なぜ【こそ錬】が必要なのか】 練習場にいくと、どうしてもドライバーをぶん回してしまう管理人です。やはり広く開けた場所にいくと、思いっきりクラブを振ってみたく...

もう少し立体的なこそ練は、コチラ


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる