まめナビ
管理人の接待で大活躍!
アーカイブ

【極寒の中の冬ゴルフ】雪さえなければオフシーズンにするのはもったいない!寒くても快適にラウンドを楽しみましょう

当ページのリンクには広告が含まれています。
トシ

12月も過ぎると、いよいよ冬ゴルフの開幕です

ゴルフを始めた頃は、冬なんてゴルフをやる時期ではないと思っていました。

ところがお客様や出会うゴルファーは、全然冬でも気にせずラウンドしている方が多くいます。

冬の鉄人経験者もいたよね

たしかにベストシーズンと比べると、大変な部分もありますがメリットもあります。

快適なグッズや準備をして、寒い中でもホットなラウンドを楽しみましょう。

一緒に学べるひと
  • 冬ゴルフはあまり経験したことがない
  • 寒い中でのラウンドは苦手
  • 冬ゴルフの服装を知りたい
  • 寒がり
この記事で分かること

冬ゴルフのメリット・デメリット

1.メリット

デメリットばかりが頭に浮かぶ冬ゴルフですが、まずメリットを考えてみましょう!

冬ゴルフのメリット
  • オフシーズンになるので、金額が安いことが多い
  • トップシーズンと比べると、空いている
  • ラフが薄い
  • 地面が凍っていて、ランが大幅に出ることも
  • 様々なシチュエーションでのラウンドを学べる
  • 池に落としても、凍っていて助かることも

ちょっと強引なメリットもありますが、凍ったグリーン、薄い冬芝など様々なシチュエーションでラウンドができ頭や小技が鍛えられる点はゴルフ上達に欠かせないと思っています。

2.デメリット

色々浮かぶデメリットをあげてみましょう。

冬ゴルフのメリット
  • 厚着や冷えで身体が回らず、距離が飛ばない
  • ボールやシャフトが冷え、ボールが飛ばない
  • 芝が薄く、ショットがシビア
  • スタート時点の気温がマイナスもあり、辛い
  • 強風が吹くことが多々ある
  • グリーンが凍っていて、直接乗せると奥へOBも
  • バンカーが凍っていてクラブヘッドが入らず、まともに出せない

やはり寒さと、過酷なシチュエーションが冬ゴルフのデメリットです。

加えて、基本的に飛距離が出ませんので楽しさが半減するという意見も聞きます。

トシ

そんな冬ゴルフを快適にする方法をご紹介していきます!

自宅での練習時期とするのもオススメ

冬ゴルフを快適にする方法

1.ゴルフ場選択での対応

管理人の居住地は関東なので、その前提で読んでください。

もっと北の地域では、そもそも雪でクローズとせざるを得ないエリアもあります。

基本的に北より南の方が暖かく、標高が高かったり海沿いは寒くなります。

そこで、管理人はゴルフ場の選択の際に、できる限り平均気温の高いゴルフ場を選ぶようにしています。

冬に選ぶべきゴルフ場
  • 北よりは南側(例:茨城県より千葉県)
  • 標高の高いところより低いところ(平均気温の低い、山岳コースは避ける)
  • 山の近くより、平地(日陰が多いところは、いつまでもグリーンが溶けない)
  • 水沿いより内陸(強風が吹くので、河川敷や海沿いコースを避ける)

数度の差が、ラウンドでは大きな負担になります。

その日の状況で逆転することもありますが、アベレージで判断しましょう。

その他

管理人は一度行ったところで気にしているところは、夜間ちゃんとグリーンにシートをかけているかを見ています。

グリーンの奥にシートが置いてあったりするな

冬ゴルフでのストレスの1つが、グリーンが凍っていること。

シートをかけているゴルフ場は、凍っていても早く溶けることが多いので気にしてみてみましょう。

2.スタート時間での対応

こちらも通常であれば、早いスタートより遅いスタートの方が気温が上がることが多いです。

ただ以下のことは気をつけましょう。

遅いスタート時間の注意点
  • 日没時間(土日のラウンドは混むので、特に)
  • 天気予報(冬の雨は最悪です)
  • 気温の推移
トシ

できれば8時後半から9時台までのスタートとすることを、オススメします

ここまではゴルフ場予約までの対応を書いてきました。

ここからは、実際に冬ゴルフをするための備えをご紹介します。

冬ゴルフでは特に雨が厳しい状況になります。
ただでさえ気温が低い中で雨が降ると、体感気温はさらに下がります。
無理せず、中止することを検討しましょう。

冬ゴルフへの備え

1.服装での対応

一番大事なのは、身体を寒さから直接守ってくれる服装です。

ここはお金をある程度かけても、しっかり準備しましょう。

トシ

冬に特化した部分を紹介していきます

第1位:アンダーウェア

管理人が最近冬ゴルフを苦としなくなった一番の原因は、このアンダーウェアの進化です。

ここをしっかり準備することで、無駄に厚着をしてコロコロ丸くなりスイングを崩すこともなくなりました。

ユニクロの「ヒートテックウルトラウォーム」の方がコスパ的にはオススメですが、この「ZEROFIT速暖ハイブリッド」は本当に温かいです。

管理人の体型の問題だと思うのですが、熱を逃さないようになのかフィット感が強めです
サイズは少し余裕があるものを購入した方が良いかもしれません(試着をお勧めします)

家を出る前にアンダーとして上下着て、ゴルフ場に着いたらゴルフウェアだけ着替えれば良いので重宝しています。

第2位:高機能薄手ダウン

管理人がゴルフを始めた頃は、ボアの付いたどちらかというとコートに近いものを利用していました。

今はずっと薄手のものを愛用しています。

前身と後ろ身にスターストレッチ素材、袖には両面起毛のフリースと、異素材をハイブリッドさせたミドラーです。両素材とも撥水加工が施されているので多少の雨は気になりません。ミドラー以上アウター未満の軽量アイテムなので、冬の季節にとても重宝します。

公式ネットショップ

この商品である必要はありませんが、大事なポイントがあります。

それは「振りやすさ」です!

冬に選ぶべきアウター
  • 温かい
  • 薄く、軽い
  • 素材が柔らかく、ストレッチ性がある
  • 防風(できれば撥水も)
  • 透湿性(少し暖かくなると蒸れるので、超重要)

いくら冬のラウンドとはいえ、できる限り本来のスイングをしたい管理人はスイングをしやすいことを最も重視しています。

トシ

ぜひ実際に着て身体を動かしてみて、スムーズにスイングできるか試してから買いましょう!

第3位:帽子・両手袋

厳冬の時期のラウンドには、必須と言えます。

これがあるとないとでは大違いですし、高いものではないのでぜひ揃えましょう。

両手袋も最初は邪魔だと思うかもしれませんが、使ってみるとほとんど気になりません。


帽子は耳が隠れるものが良いよ


朝は寒くても、午後になると日差しが出て暖かくなることも多いです。
このタイプの帽子は暖かくなると辛いので、普通の帽子も念の為持っていき午後に交換できるようにしましょう。

第4位:高機能セーター

管理人はだいたいインナー、ハイネックなどのシャツ、セーター、アウターの4枚を重ね着します。

この時にセーターの代わりに色々なタイプの服を試したのですが、一番合ったのがセーターでした。

これも伸縮性の高いセーターが、一番スイングがしやすかったためです。

見づらくてすいません

ゴルフ場への行き帰りにジャケットの下に着ていてもおかしくないので、そこもオススメポイントです。

ちょっとお高いものが多いので、セールなどを利用し上手く探してみてください。

第5位:高機能パンツ

第2位のアウターと同じですが、1位の下半身用インナーをしっかり準備すればそこまで重要ではありません。

ストレッチ性や透湿性は重要

ただ冬の屋外は底冷えするので、なるべく高機能なパンツを選びましょう。


第6位:ネックウォーマー

こちらもとても温かいマストアイテムなんですが、パットなど下を向いた時に気になるので第6位にしました。

首が冷えないと体感温度がまったく違うので、寒がりな方はぜひ揃えましょう。

コスパは抜群です。


2.グッズでの対応

寒さへは服装だけでなく、グッズでも対抗できます。

さっそく、見ていきましょう。

第1位:足用ホッカイロ

各種ホッカイロがありますが、管理人はポケットに1つ、足に1つ使っています。

ポケットには通常のホッカイロを入れ、腰が冷えたら腰に移動したりして使っています。

トシ

裏技的にボールと一緒のポケットにホッカイロを入れておくと飛距離が伸びるそうです(競技ではグレーゾーン)

最も重要なのは、足の防寒です。

本当に寒い時期は寒さは足からきます。

そこでオススメグッズ。

トシ

「オンパックス 足ぽかシート」
これは度肝を抜かれました

つま先のタイプは前から使っていたのですが、この足裏全面タイプは本当に温かい。

27.5cmの管理人の足でも、25cm用でずれることなくラウンドできました。

スイング中も気になることは全くありません。

25cm未満の人は、22cm用もあるよ

第2位:マグマカイロ

通常のカイロが平均温度51度とすると、61度と10度も高い高火力カイロです。

特に外気温が低い場合は、効果が高いです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

外では暖を取れる場所はありませんので、カイロは高性能なものを選びましょう。

第3位:スキットル

スコッチを空になるまで飲みながらラウンドしていたのが、18ホールになった起源と言われる(眉唾らしいですが)ほどゴルフと縁の深いウイスキー。

寒い時は中から温めながらのラウンドも、楽しいものです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ラウンド前にも、入れていく管理人。

焼酎お湯割り

良い子は真似しないでね

お酒ではなく、温かいお茶などを持っていく方は魔法瓶が良いです。

トシ

コーヒーやお茶など、癒やしを携帯してスコアも良くしましょう!

その他

冬は乾燥もありますし、思うより日差しも強いです。

リップや日焼け止め、保湿クリームなども忘れず準備してください。

太陽高度が低いので、サングラスも役立ちます。

まとめ

寒い時に外でラウンドするなんて!と、思う方は多いと思います。

割り切って、冬の間はラウンドしないという選択肢もあるでしょう。

でも、冬のラウンドは他の季節では味わえない厳しい状況でラウンドができる楽しさもあります。

どうしても無理いう方は、バーチャルラウンドという手もありますよ!

しっかり防寒し、トップシーズンでは回れない高級コースをリーズナブルにラウンドする。

トシ

そんな冬ゴルフの醍醐味に、役立つ準備に役立てたら嬉しいです

荷物が多くなりがちな冬は、しっかり収納力の高いゴルフボストンバッグを持っていきましょう。

学びはコースで実践あるのみ!

スイング診断キャンペーン開催中!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事で分かること