憂鬱な雨の日のラウンドを快適にしましょう【準備編】

トシ

雨の日のゴルフって正直どうですか?

皆さんなかなか言い辛い時もあると思うのですが、私は嫌いです。大っ嫌いに近いです。

でも、雨だから延期って毎回できませんよね。お仕事をお休みしたり、数人で予定を合わせている以上、雨予報が確実であってもラウンドとなることは多いです。

私はラウンド1週間前からずっと天気予報を見て祈っていますが、祈りというのはだいたい通じないものです…。

そんな憂鬱な雨の日ゴルフを少しでも楽しいものにするため、私がやっていることをまずは【準備編】としてまとめます。

この記事で分かること

まずは服装

やはり濡れることを前提に考えなければなりませんので、服装からいきましょう!

1.カッパ

ゴルフ用の雨合羽は、必須と言って良いと思います。
必ずしもゴルフ用でなくともと言われる方もいますが、ゴルフ用は高価なだけあって機能的です。

  • 袖や裾が取り外せ、雨の降り方に合わせプレーができる
  • ゴアテックスなど優れた「防水・透湿」機能のある素材を使っていて、快適
  • 雨の日は持ち物が多くなりがちなので、濡れずにポッケにしまえる

などがメリットとして挙げられると思います。

後半から降られるならまだ良いですが、スタートから降られた場合びしょ濡れでクラブハウスに入る訳にはいきません。
それに、パンツから全て着替えるのも気が重いですよね。

高機能なゴルフ用合羽を着ていれば、雨が小降りで蒸し暑ければ「半袖にして上着だけ」とか状況に合わせた着方ができます
ゴルフ用ではありましたが安い合羽でラウンドしたことがありますが、肌にピッチリくっ付いてものすごく不快でした。
ご予算の許す範囲で、高機能なゴルフ用カッパを手に入れましょう!

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

雨合羽は皆さんお好みがあると思うので、私からは防水スプレーをご提案!
せっかく高いカッパを持っていても防水性能が落ちていては意味がありません。
ラウンド前に、防水スプレーで効果を復活させておきましょう。

私のオススメは、コロニル社の防水スプレー「ウォーターストップ」です。
ゴアテックスの合羽にもかけることができますし、私は本革のゴルフシューズにも利用しています。

2.グローブ

合羽よりある意味重要なのが、グローブです。

合羽がパンツ身を守るものだとすれば、グローブはスコアを守るものです!

できれば古いものでも構わないので、数枚持って行き途中で替えるのがオススメです。
グリップとグローブ両方が濡れていると、本当に滑ります。私は一度ドライバーを放り投げてしまいました。(球はOBになりました…

高価なものではなく、「安価なものをたくさん持って行く」がオススメ!
コスパの良いグローブを用意しましょう。

私のオススメは、FOOTJOY社の「NANOLOCK TOUR」です。
雨の日だけでなく、晴れた日も非常に使い易いです。
晴れた日に新品を使い、古くなってきたものを雨の日に何枚も持って行っても良いと思います。
私はセールの時にまとめて買ったり、送料無料にするために追加したりして枚数を確保しています。

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

3.帽子

私はずっと使っていませんでした。
なぜかと言うと、通気性が悪いものが多くなんだか頭が蒸れるのです。(蒸れは頭皮に悪いので…)
そして一番の問題が、キャップをかぶっても首元が濡れる!

そんなことであまり積極的にレインキャップを使用していなかったのですが、先日大雨のラウンドが予想されていたので買ってみました。

買ったものは

レインハット

使ってみた結果、「キャップとハットでこれだけ違うのか」というぐらい違いました。
首元の特に後ろ側が濡れないので、快適です。
正直ちょっと格好は悪いかもしれませんが、蒸れも軽減。(蒸れの話ばかりですが、重要なんです

\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

その他ゴルフシューズも大事ですので、防水のしっかりしたものをお選びください。
私のエース靴は本革なので、雨の日は防水スプレーが効いていても履いていけません。

なにをおいてもミニタオル

今回の記事を書きたかった理由は、実はこれなんです。
長々と服装について書きましたが、一番大事なのはタオル!できればミニ!

上に書いた合羽の上着のポケットに入る様な、小さめのタオルがベストです。
これが雨の日は本当に役に立つ。

  • 濡れたグリップを打つたびに拭くことができる
  • 花道などだけでなく、ぬかった地面にめり込んだ時にボールを拭くことができる(自分のピッチマークの中のみ、2019年新ルール)
  • もちろん、グリーンオンしたらボールを拭けます
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazon

先日の豪雨の中のラウンドで、おそらくこれだけで10打は良くなったのではないかと思うくらい役立ちました。
ただ当然汚れていきますし、濡れていては効果半減ですので最低前後半各1まいずつ。できれば、各2枚ずつお持ちになると本当にゴルフがしやすくなります。

高価なグリップやグローブより、こまめにグローブを替え、濡れたグリップを拭くのが一番!

合羽やレインハットは高価ですが、グローブやミニタオルは安価なものです。
雨だと悲しむだけでなく、ラウンドを楽しむためにぜひラウンドにいくつも持って行き、少しでもゴルフを楽に快適にしましょう。

どうしても濡れたくない方は、バーチャルラウンドも楽しいですよ!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる