ブリックアンドウッドクラブ

この記事で分かること

常にプレッシャーを与えてくるティーグラウンド

決してコースが狭いわけではないのだが、ティーショットの落としどころが狭い。
その思いは、バックティーからのラウンドで更に強くなる。

パット見は美しいが、プレイヤーには厳しい顔を見せる難コース。

結婚式もできる海外情緒あふれる施設

英国風というか海外に来たかのような趣のゴルフ場。
看板犬が出迎えてくれ、自分でキャディーバックを下ろすところからラウンドが始まる。

ハーフを終えクラブハウスに戻ってきたら、軒先でホットサンドと生ビールを頬張りながらすぐ後半スタートへ。
スルーするかどうかではなく、海外では当たり前の基本スループレー。

テンポよく回れるメリットを管理人は感じ、快いラウンドになった。
スコアはメタメタだったけど…。


まとめ

トリッキーですが、クラブハウスも含めた景観がヨーロッパ風な美しいコース。日本的なゴルフ場に慣れていると、面食らいます。
おしゃれな佇まいと較べ、コースは相当にタフ。
特にバックからのラウンドは、普段80台の腕前でも簡単に100叩きに。
初めてのラウンドはどこに打てば良いか分からないホールもあるので、コースマップは必見。
ティーグラウンドからのイメージと全く異なるサイドが広かったりと、分からず打つのは厳しい。
ラウンドすると叩きのめされますが、また誰かを誘い行きたくなるコース。

まめゴルEYE

総合評価
タイプ丘陵
広さ
難易度
整備
コスパ
特徴メンバーたちで運営されるプライベートクラブ ミュアヘッド設計の難コース
練習環境ドライバーが使える鳥かご(球数制限なし) アプローチ練習場なし
注意点ドライバーの正確性が求められる グリーンもアンジュレーションがキツイ
総評はまればリピーター確実 スタイルが気に入らない人には合わない人を選ぶコース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事で分かること
閉じる